NEWS

札幌市白石区で交通事故治療といえば『ひつじ整骨院』/腰痛

2023/02/01
ロゴ

筋肉のバランスが悪いのは当たり前

体が歪む原因として、

利き手、利き足などによる日常の偏った動作
偏った荷物の持ち方
片方にだけ負担がかかる生活習慣や癖
などがよく挙げられると思います。
ここで言うバランスの悪さとは、先ほどの話から筋力のバランスの悪さと言い換えることができるのではないでしょうか。
ところが、筋力は左右同じになることはないですし、そもそも体の作りが左右対称ではありません。

では、体が歪むのを防ぐことはできないのでしょうか?

筋肉は力を抜くことができる

筋力の話を読んだり、聞いたりするといつも感じるのですが、「筋肉は力を抜くことできる」という概念が抜けているように思うのです。
例えば先ほど出てきました、利き手、利き足や片方だけに負担がかかる生活習慣などは、筋肉の観点から言うと、より使う方や負担がかかっている方に筋肉が多くつくと言うだけのことなのです。
そうなると、「左右の筋力の差ができて、バランスが崩れるじゃないか」と思いますよね。
ところが先ほども書いたように、筋肉は力を抜くことができるのです。例えリンゴを握りつぶすことができる握力を持っていたとしても、卵やガラスのコップを割らずに持つことができますよね?
筋力の左右バランスが崩れたとしても、力を抜くことによってバランスをとることだってできるのです。