NEWS

札幌市白石区で交通事故治療といえば『ひつじ整骨院』/腰痛

2023/02/09
ロゴ

腰痛を改善すれば、いづれは椎間板ヘルニアも改善する

3週間以上腰が痛い状態が続いているのであれば、例え椎間板が飛び出していたとしても、痛みの原因は私たちが普段対処している腰痛と一緒です。大腰筋という筋肉を緩めてあげれば、楽になってくるはずです。

硬くなった筋肉はマッサージで刺激を加えたり、ストレッチのように伸ばしてもなかなか柔らかくなりません。筋肉の仕組みに沿った方法で緩める必要があります。
この大腰筋は自分で緩めることはできますが、内臓の奥にある筋肉ですので、ちょっと難しいと思います。施術中に自分で緩める方法もお伝えしていますので、まずは一度私たちの施術を受けてみてください。

ところで、飛び出した椎間板は、筋肉を緩めた後どのようになるのでしょうか。
私たちの体の中には異物を食べてくれるマクロファージなどのお掃除屋さんがいます。飛び出している量が多けれ多いほど時間がかかりますが、このお掃除屋さんが飛び出した部分を異物として食べてくれますので、いずれは飛び出した部分は綺麗になくなってしまいます。