NEWS

札幌市白石区で交通事故治療といえば『ひつじ整骨院』/腰痛と睡眠

2023/04/17
ロゴ

朝、寝起きに腰痛にならないための寝方。3つの方法

それでは、どんな寝方で寝ればよいのでしょうか。

朝、起きがけに寝起き腰痛にならないためには、寝ている時に、背骨を本来ある正しい位置にしてあげることが重要だと言われています。

腰痛でノンレム睡眠に入れない方、寝起き腰痛がひどい方等、腰痛が原因で質の良い睡眠が取れていない方の参考になれば幸いです。

1.仰向けで膝を立てる寝方

仰向けで足を伸ばした姿勢で寝ていると、足を伸ばすことで骨盤が引っ張られてしましまいます。そうすると、その引っ張られた力が 腰に伝わり痛みを引き起こしてしまします。

仰向けで膝の下に硬い枕などをおいた姿勢の寝方であれば、骨盤が引っ張られることもなく、背骨がニュートラルで正しい位置のままの姿勢となります。